logo.png

director.jpg

大塚
 「ブラックレイン(89)」等数々の海外作品・合作作品の制作に携わり、映画「Peach(98)」がロサンゼルス、モスクワ、ソチ等の国際映画祭で絶賛され、ハワイ国際映画祭で招待上映されるなどの評価を受ける。「妹—SISTER−(05)」にて美意識や精神性をスタイリッシュな映像で描き話題となる。「首領の一族(06)」では、再びタッグを組んだ松方弘樹を主演に、社会の裏側に生きる侠たちの輝きを、スタイリッシュな映像美で見せつけた。ギャル・カルチャーを題材にした作品「Girl’s Life(09)」ヒューマンファンタジードラマ「スープ〜生まれ変わりの物語〜(12)」、日仏合作映画「FLARE〜フレア〜(14)」が公開される。次回作は2015年公開の映画「罪の余白」である。